ナイトワークに分類されるお仕事には、多種多様なものがあります。
代表的なものはキャバクラですよね。
でも、「もしもっとお金が稼げるなら他の職種に就いてもいいかも?」と考える人もいるかもしれません。
あるいは、「時給が安くても、楽な仕事に就きたい」と考える人もきっといるでしょう。

ガールズバー

例えば、ガールズバーはキャバクラのように、キャバ嬢とお客様が隣同士で座るということはありません。
バーカウンター越しに飲み物を提供する点で、キャバクラとの違いがハッキリとしています。
お客様に触られてしまうことがないので、これはガールズバーで働くメリットになりますけど、その代わり、時給が少し安くなってしまうことが多いというデメリットもあります。

セクキャバ

セクキャバというお仕事は知っていますか?
これは、キャバクラのような接客を行いつつ、おさわりもOKなお店のこと。
お店によって程度は違いますが、男性客の上に座ったり、上半身裸になったりなどしなければならないこともあるので、そういう接客が苦手な人は入店前に必ずチェックしておいた方がいいですね。

ある程度稼げて性的なおさわり無しなキャバクラ

ある程度のお給料を受け取りながら、それでいて性的なおさわりなどを避けたいのであれば、キャバクラのバイトを選択するのが一番いいのかもしれません。
メリットとデメリットのバランスが最も取れているのは、きっとキャバクラ嬢ですよ。